99

方向指示灯による高速点滅を解決する3つの方法とは??

1,負荷抵抗器の追加

LED電球と車両の電球ソケットの間に、直接抵抗器を追加して、消費電力を増加させ、高速点滅の防止を促す。

*注意事項:車両電球ソケットの後ろに十分なスペースがあるか、再度確認したのちにご使用ください。

ご購入はこちらから:https://www.amazon.co.jp/dp/B07HY8X232?ref=myi_title_dp

blank

2,LED方向指示灯専用のリレーに交換

LEDの電力に基づいて、設計されたデザインのリレーを使用することで、純正リレーの点滅速度(85回/分)を達成することができます。

この方法は、非常に簡単で購入して取り付けることができます。

*注意事項:一部の車両にはリレーの取り付け設計がされていないため、リレーの交換をすることができない車種もあります。

ご購入はこちらから:https://www.amazon.co.jp/dp/B01G1IE8JS/ref=twister_B08DQV5JC6?_encoding=UTF8&psc=1

blank
3,LED方向指示灯防止フラッシュが内蔵された電球の使用

フラッシュ速度に影響を与えるのは電力です。

LED電球の電力が純正と同じになると、高速点滅問題が解決されます。一部の欧州から輸入された車種の電球をLED電球に交換すると故障コードが発生することがありますが、この問題もLED方向指示灯防止フラッシュが内蔵された電球を使用すれば同時に解決することができます。

【メリット】電力が21Wまで使用可能なため、十分な明るさを体感できます。

ビデオ:https://www.youtube.com/watchv=Vq3DkdudbrI

【デメリット】純正電球の電力21Wまで到達するため、電球の温度が高くなる傾向があります。熱による故障を避けるために、温度設計制御が備わっています。

*注意事項:ある程度の温度に達すると電流の減少と電力の低下が起こります。そのために、再び高速点滅の状態が発生する可能性があります。

冷却ファンシステム搭載!

ご購入はこちらから:https://www.amazon.co.jp/dp/B0C76XCDR4?ref=myi_title_dp

blank
blank
blank

Related Post

blank

TOYOTA RAV4 フォグランプのアップグレード:HYUGA TF1 フォグランプ 3000K 取り付け方

なぜRAV4のオリジナルLEDフォグランプは暗いのだろうか?そんな悩みをお持ちの方は、ぜひこのコンテンツをご一読下さい。TOYOTA RAV4 2021- (LEDフォグランプver)のフォグランプの交換方法をご説明します。使用するLEDフォグランプは、現在HYUGAで最も人気のあるHYUGA TF1 フォグランプです!!

blank

【一般的なヘッドライト規格7つをご紹介】ハロゲン電球からLED電球へ交換する際の注意事項

たくさんのお客様からご質問があるLEDヘッドライト。結局、ヘッドライトはハロゲンタイプのものからLEDに交換することはできるのか?答えは、交換可能です!!規格とベースが同じであれば交換可能です。今回は、ヘッドライト規格7つについてご紹介いたします。どうぞご参考までに一読お願いします!!!