車を買う前に、車用LEDヘッドライトについて詳しく知っておきましょう

LEDヘッドライトのアフターマーケット(中古車ディーラー、社外用品ショップなどの正規ディーラー出ない業種)は、技術開発が進んだことで、お客様のニーズに応えられるようになってきました。しかし、トヨタをはじめとする多くの自動車メーカーが現在でもLEDヘッドライトを搭載していないのは、コストが高いからです。

LEDヘッドライトのアフターマーケット(中古車ディーラー、社外用品ショップなどの正規ディーラー出ない業種)は、技術開発が進んだことで、お客様のニーズに応えられるようになってきました。しかし、トヨタをはじめとする多くの自動車メーカーが現在でもLEDヘッドライトを搭載していないのは、コストが高いからです。
 
LEDヘッドライトは、取り付け角度によって光の形が悪くなったり、取り付けた車の年式が古すぎたりと、未熟な人や不適切な取り付け方によって本質的に持っている欠点がたくさんあります。また、LEDヘッドライトのディテールは、購入者にとってとても重要です。そのため、最初の1台を購入する前に、いくつかのポイントを読んで理解すると判断の助けになります。

住む地域の車に関する方針を知っておこう

いくつかの地域では、走行可能な車は専門家によるテストが必要であり、そうでなければ「まぶしすぎる」「対向車のドライバーにグレアが発生する」などの理由で違法となってしまう可能性があります。このような事態を防ぐために、自分の車についてよく知っておかなければいけません。なぜなら、これは合法であることだけでなく、対向車であるドライバーの安全を確保するためにも必要なことだからです。
古いモデルの車には、それぞれ適合するプロジェクレンズ付きのLEDヘッドライトに交換することをお勧めします。

LEDライトは冷却が命!

皆さんがLEDヘッドライトを購入し使用する理由はたくさんありますよね。その中でも一番多い理由として上がるのが「明るさ」です。LEDヘッドライトはハロゲンライトより200倍明るいと言われています。このように聞くと「LEDヘッドライトはやっぱりかっこいい!」と思いますが、使う環境によっては明るさが低下してしまうということを忘れてはいけません。
つまり、LEDヘッドライトにとって良くない環境で使用してしまうと、もともとの寿命より早く暗くなってしまうということです。
 

暗くなってしまう原因として一番に挙げられるのは「温度」です。LEDライトにはファンと呼ばれる部品が付いていて、このファンによってLEDライト内が冷却され、丁度いい温度で保たれています。また洗練されている銅の熱伝導体が装着されている場合、さらに冷却性能が素晴らしいです。

例を上げて説明してみますね!
まずはフィリップス社のモデルを例として使わせてもらいます。このモデルを積分球(発光体の明るさをテストするもの)を使ってテストしてみました。もともと2571ルーメンで、数秒後184ルーメン減光し、結果2387ルーメンになりました。この数値は冷却機能がしっかり機能していることを示しています。

blank

次に2020年初頭に発売されたHYUGA U9ヘッドライトでテストしてみましょう。最初の数値は4806ルーメンで、数秒後約188ルーメン低下し、結果4618ルーメンになりました。
この製品でも冷却機能がしっかりしているということが分かります。
このように冷却テストを行うと、正しい情報を知ることができ、LEDヘッドライトを期待通りに明るく保つことができるようになります!

blank
冷却の次に必要となってくるのが温度コントローラーです。通常高性能なLEDヘッドライトには装備されています。この部品の主な機能は、LEDヘッドライト内の温度を許容範囲内でチップの効率とファンの回転速度をコントロールすることです。これにより、LEDチップがしっかり明るく光り、寿命
を伸ばすことができます。
そして、最後に大事なのは銅の熱伝導体です。ノートパソコンを持っている人は知っているかもしれませんが、プロセッサー(パソコン内部に内蔵されたパーツ)にヒートチューブが装備されています。そしてノートパソコン内のヒートチューブと冷却ファンは冷却のために連携しています。
実はLEDヘッドライトには全く同じ冷却設計があります。銅は熱伝達が良い金属です。そのためHYUGAのU9ヘッドライトでは、写真のように側面と上部の両方に熱伝導体を設計しました。フィリップスのヘッドライトを見てみると、熱伝導体は側面だけで上部には見受けられません。
このようにHYUGA U9ヘッドライトの熱伝導体は、しっかり機能し、冷却効率が高いです。

ケーブルは重要だが、気にしている人はほとんどいない

ケーブルのデザインは、目立たないことが多いので、あまり気にされません。しかし、ここではそれを重要視しなければなりません。プラスチック製のケーブルは、高温の環境下に置かれるため、溶けてしまう危険性があります。新しいニット素材のケーブルパッケージは、プラスチックに代わる安全な素材です。LEDヘッドライトのケーブルには、プラスチックよりもはるかに高い温度に耐えられるニット素材が適しているのです。
 

取り付けは簡単ですか?

これは非常に重要な問題です。なぜなら、LEDヘッドライトの交換は「エンジニアの仕事」だからです。つまり、基礎知識、装着方法、トラブルシューティングなど、「最低限」の知識が必要なのです。古くなってしまった車は、光の反射をすべて「投影」に変えなければなりません。
この作業は、初めて車をカスタマイズする人には難しいでしょう。LEDヘッドライトの設計者は、そのような取り付けのしやすさや難しさを考慮しています。弊社のLEDヘッドライトは「回転式ベースメント」を採用していますので、取り付けがとても簡単です。もっと詳しく知りたいでしょうか。ぜひクリックをご覧ください。

あなたの愛車にLEDヘッドライトを購入する前に、やるべきこと、学ぶべきことがあります。HYUGA U9は、この記事を実現するための最良の選択と言えるでしょう。あなたは、LEDヘッドライトがまぶしくならないようにするにはどうすればいいのか?

Related Post

blank

メーカー純正LEDの霧灯(むとう)はアップグレードできる?TF1黄色の霧灯へアップグレード|メーカー純正LED霧灯が暗すぎる|Toyota Corolla CROSS 12代目 Altis RAV4 5代目

メーカー純正LEDが薄暗い・・、アップグレードしたいけど方法がわからない。そんな方は、ぜひ当社PAの最新製品TF1をチェックしてみてください!TF1で簡単に霧灯の明るさをアップグレードできます!!黄色の霧灯もご用意させていただきました~

blank

【祝】PA-HYUGA LEDが船舶部品業界に正式に進出!

この度、長年信頼を寄せていただいているお客様のご協力のもと、船舶用室外照明LED H4の製造を完成することができました。それに伴い、PA-HYUGAが船舶部品業界に正式に進出することが決定しました!!