ライトをLEDに変更したら!?

LEDバルブは現在、自動車でもともと使われていたハロゲンランプに取って代わる、代替品となりました。市場に出回っているハイエンドモデルには様々なLEDライトが搭載されており、これが現在のトレンドとなっています。
そこで、LEDバルブはどうして多くのドライバーや自動車愛好者に惹かれるのか、そして自動車にどのような利益をもたらすのか、探っていきましょう!
明るさも人のように一長一短
LEDバルブはとても高い周波数で光の粒子を放出しているため、より際立って見えます。
またLEDライトの光束は一般のハロゲンランプより透過します。
そのため、もし外に街灯が無く暗い時や濃い霧で周りが見えない時、LEDバルブは自慢の明るさで安全運転に導いてくれます。
そんなに明るいならこのLEDバルブが先行者や対向車にまぶしさを与えてしまうのではと不安になりますよね。
でも実は、LEDバルブの知識を少し持っているだけで、お互いに安全なドライブが出来ます。
 

LEDバルブは対向車両の運転手に、、

悲しいことに、LEDバルブが明るすぎると嫌がる方も少なくありません。
実はLEDバルブの明るさは顧客の使う目的によって異なってきます。
対向車両の運転手に眩しい思いをさせず、ただ輝いている光を楽しんでいる様子を想像してみて下さい。
LEDバルブはまさにそれを実現することが可能なのです。
 
対向車両に眩しい思いをさせる原因としては一般的に、
LEDバルブを設置することが出来ないほど車が古いこと、魚眼レンズがないことで良い光の形や放射角度が調整できないことなどが挙げられます。
それによりグレアゾーンの問題が発生しやすくなっています。
それを避けるために正しい位置に配置することが大切です。
 
適切な位置に配置することで、良い幅と形での発光が得られるので、対向車に迷惑をかけず運転を楽しむことが可能になります。
blank
あなたの車を特別美しく、周りの人と差別化を図るために
LEDバルブの色はドライバーが美しいと感じられるように設計されています。
一般的にヘッドライトは5000Kの白、ウィンカーが黄色、ブレーキとバックライトが赤が使われています。
しかし実は紫や緑、水色、青、さらに琥珀色など、普段あまり見にしないおしゃれな色がたくさんあります。
これらの色をダッシュボードや社内の照明に使うと、愛車をさらにおしゃれにでき、かっこよくすることが出来ます。
blank
LEDバルブは常に新しく!!
LEDバルブはとても省エネなので、電気自動車に積極的に使われています。
現在電気自動車は世界でとても人気があり、2023年には市場価格が430億アメリカドルに達すると予想されています。
現在ヘッドライトのLED化が進んだことにより、今まで出来なかった機能を付けることが可能になりました。
そのうちの一つが夜間運転の安全性を高めるADB(Adaptive Driving Beam)です。
主な機能としてはハイビーム配光を制御することで、先行者や対向車にまぶしさを与えず、ドライバーの視野を保ちます。
このように新しくたくさんの機能を付け加え開発することで、LEDバルブは進化し続けています
まとめに入りますが、LEDバルブは現在すごい勢いで開発されています。
このLEDバルブは皆さんの安全性を高め、節電も出来、さらに皆さんの愛車を今以上にかっこいい物に生まれ変わらせることが出来ます。
LEDバルブを正しくしっかり装着することで、周りの方も不満は抱かないと思います。
ぜひ私達と一緒にLEDバルブで新しい未来を築きませんか?

Related Post

blank

色温度って何?色温度が高くなればなるほど、明るくなるの?

色温度ってそもそも何なの?って疑問を持っている人が多いです。
色温度は明るさと関係があるのか、色温度が高ければ高いほど明るいのか、登山路に一番適してるライトは何なのか、、、
これらすべて私達にお任せください、完璧に分かりやすく説明していきますね!